【楽】おでかけ Feed

2011年12月 7日 (水)

アノニマスタジオで「すみやのおせちの日」

P1070821 蔵前の『アノニマスタジオ』のレストラン開催イベントへ行ってきました。

アノニマスタジオは食に関する出版をしている会社?でその1階のスペースを利用して展示やレストランのイベントをやっています。

今回は漆作家・宮下智吉さんの個展開催に合わせて、その作品の器でお料理をいただけるという1日だけのレストラン開店イベントでした。

こんなイベントdown

漆の器というと「扱いが難しいのでは?」
「面倒なのでは?」といった印象や、
普段使いにはもったいないような
高級なイメージを持つ方が多いようです。
漆作家の宮下智吉さんは、
もっと身近に日常の器として漆の器を使って頂きたいと、
ご自身も日頃から使いながら器づくりをしています。
今回の展示は師走に行う展示という事で、
お重や酒器などお正月をイメージさせる器を中心に、
新しくまたは初めて触れる機会として、
使いやすいお椀や湯のみカップなどの普段使いお器も展示致します。
期間中は宮下さんも在廊して下さいますので、
ぜひこの機会にお越し下さい。

美味しく、健やかに。
食べた人が自然と笑顔になるような「すみや」の料理。
宮下さんの漆の器を使って、すみやの角田夫妻がおもてなしのお料理をご用意致します。

お料理はこんな感じdown(ちょこっとつまんだ後ですが・・・)

P1070819

とても上品で雰囲気あるお食事(ちょっと意味不明?)でした。もちろん器もひとつひとつ微妙に違っていて、それぞれにぬくもりが感じられていい感じlovely

メニューは

 ・穴子寿司

 ・南京博多寄せ

 ・花豆の味醂粕煮

 ・紅大根の浅漬け

 ・蓮根のはさみ揚げ

 ・お吸い物

P1070816

素敵な器で日本酒もいただいちゃいましたscissors

見た目に反して程よくお腹もふくれ、お散歩しながら帰宅~xmas
平和な休日の午後でした。

2011年11月 8日 (火)

2k540 AKI-OKA ARTISAN

「2k540」

秋葉原と御徒町間の高架下に誕生した「ものづくり」をテーマとした”職人の街”

工房とショップが一つになったスタイル、ここでしか買えない商品、ものづくりが体験できるワークショップ、テーマ性の高いカフェなど単にモノを売るだけではなく生活スタイルの提案をしていく街です。

なかなか興味そそられる感じ、webでチェックしたら買いたいものも発見したし・・・shineで行ってきましたrun

革製品horseや陶器aquarius、アクセサリーmoon3他伝統工芸的なお店などなど40数店舗shineshine あぁ日本の手づくりものがあふれてるぅ~wavefujiwave って感じでブラブラ見てまわるだけでも楽しかったhappy01

そして目的のお店はコチラ⇒「MIC」

ダンナのカジュアル財布が欲しい~(いい歳だからと張り切って長財布にしたら、ちょこっとお出かけの時困るらしい。一緒に出掛ける時は確実財布持たないけど、いつも一緒ってわけじゃないからねぇ・・・)ということでP1070523

とてもカジュアルな二つ折り財布を購入しましたdollar

小銭入れが深くて使いにくいかなぁ~と思ったら、さすが、ちゃんと浅いところで止まるように作られてましたわ。

しっかりしてるけどやわらかい感じの革で、手にしたときにしっくりするのが心地いい。

色は4色展開で、悩んだ末の選択です。

P1070524 開くとこんな感じdown

カードもたくさん入るし、お札入れには隠しポケットもあったりして、なかなか使い勝手がよさそうねwink

そして何よりdollar6,825円dollarとリーズナボー価格heart04

moneybag財布moneybagにやさしいお買いものでしたbleah

本当はヒップポケットシリーズ(お尻のポケットに入れた時につぶれやすいコーナーを丸くして先端にかけて薄くすることでポケットに入れやすく、ループベルトに指をひっかけて出し入れしやすいデザインになったお財布)を買おうと思ってたので予算の半分dollar

キャッhappy02キャッhappy02

ヒップポケットシリーズもよかったし、とてもコンパクトで手のひらサイズの三つ折り財布も捨てがたく、同じ形でも革が違うと全然違うっていう感じを実感出来ました。あれこれ比べて見れるのでよかったわeye

通販もしてるけど、三宮の高架下にもSHOPがあるので気になった方には是非~手に取ってみて頂きたい品々でした。

その他ショップの高級品は目の保養、ちょいプレpresent用の樹脂製のフラワーベースを購入して本日のお散歩終~了~